フライヤーを作る時の設定!紙の種類「コート90kg」って?

フライヤー(チラシ)や名刺を作るとき、こんな表示を見ると思います。

・コート紙90kg

・上質紙135kg

・マットコート紙180kg

紙の種類っぽいな…?でも、kgって何だよ?

今回は、この「紙の種類」について解説します!

紙の種類

まずは、普段の印刷でよく使う紙を紹介します。

  • コート紙 → 一番よく使われます。つるつるした紙で、チラシでも名刺でもよく見かけます。
  • マットコート紙 → そんなには使われないです。すべすべの紙で、ツヤ消し加工がしてあります。名刺に比較的多い。
  • 上質紙 → まあまあ使われます。チラシというより本のページ。コピー用紙に似た、ふつうの紙です。

紙の厚さ≒重さ

この「kg」は、ズバリ紙の重さです。

おいおい!さすがに90kgもあるわけないだろ!

もちろん、A4の紙1枚は数グラムですよ。でもね…

紙の厚さ≒重さを表すときは、

使用サイズに切る前のでかい紙×1,000枚(kg)

単位で表し、これを連量(れんりょう)といいます。

この「でかい紙」にも「A列本判」「菊判」などの種類があるのですが、一般的には知らなくても大丈夫です。

でかい紙を、紙屋さんがカットしてA3とかB5のサイズにしてから売るのです。

みっちり目の詰まった紙とふわふわした紙では差が出ますが、だいたいこの連量で紙の厚さが予想できます。

実際どんなところで使われているか

コート紙(一番よく使う紙)の場合

  • 50kg → ペラペラのチラシ (例:スーパーの安売り)
  • 70kg → 薄めのチラシ (服屋や靴屋の安売り)
  • 90kg → ふつうのチラシ (学習塾とか美容院の広告)
  • 135kg → やや薄めのパンフレット
  • 180kg → 名刺やパンフレット
  • 220kg → しっかりした名刺

薄いほど安くなりますが、厚みがあると持った時に「お!ちゃんとしてるな!」と感じるので、そのへんは予算や戦略と相談ですね。

結局どれを選べばいいの?

美容院、学習塾、カフェ、飲食店などで普通に信頼を得たい広告の場合は90kgがいいです。一番一般的な厚さなので、余計な感想(薄いから安っぽくて心配とか、厚すぎwとか)を抱かずに見てもらえます。

逆に安売りの場合は、70kg以下の薄さにすると「薄くて安っぽい→安そう!」という心理効果が働きます。バーゲンのチラシがパンフレット級に厚かったら、なんだか矛盾を感じますよね?笑

紙の厚さもデザイン…ってことか!

ちなみに、ライブハウスで配られてるフライヤーも厚さ90kgが多いです。たまに135kgがいますが、厚い紙にする場合はA5以下じゃないとお客さんのカバンを圧迫するので良いとは思えません。

おわりに

正直ワケわかんなかったけど、とりあえず厚さの数字って思っとけばいいんだな!

最初はワケわかんないよね〜。そう、あまり深く考えなくても発注できるから安心してね。

ところで…私、バンドマンの皆さんにフライヤーのことで伝えたい話があるんですよ!

おまけ:バンドフライヤーの大きさはA5!

いち客の感想を言うと、バンドのフライヤーはA5が一番印象が良いです。邪魔くさくないけど存在感はあって、カバンに収まるけど無くなりはしません。しかも大量のA4フライヤーを折った時、A5をその内側に入れ込むので折れません。強すぎる。

A4は折らないとカバンに入らない上に、他のバンドもだいたいA4なので埋もれます。B5はA4よりはマシですが、コンパクトなカバンだとやはり厳しいですね。正方形とか変な形のやつは、中にCDが入ってるとかお客さんに得なことがない限りは印象悪いです。多数派のA4と綺麗に揃えて折れないので…。

まぁ一番印象に残るのはデザインやイラストなのですが、内容を見る前から紙のサイズでも印象は変わります。

お客さんがあなたのフライヤーをどう受け取るか、家でカバンから出して片付けるときはどうバラすか…想像してみてください!

好きなバンドや有名バンドだったら、A4でも喜んでポスター代わりに貼るんですけどね。

新規のお客さんを呼ぶ目的なら小さめの方が良いと思います。

コメント